« 2009年10月 | トップページ | 2010年4月 »

USBメモリを経由してのウイルス感染

「セキュリティーソフトを装ったウイルス」の記事に関してずいぶんたくさんの方からコメントやトラックバックを寄せていただいています。私の書いた記事が少しでもお役に立ったとしたらうれしい限りです。

ところで、記事の中で紹介しています「Malwarebytes' Anti-Malware」。通常のウイルス対策ソフトで引っかからなかった別のタイプのウイルスも見つけてくれました。
時々Explorerが異常終了する挙動のおかしいPC。ノートンでは異常は見つからないので、ものは試しと「Malwarebytes' Anti-Malware」でチェックしたら「Trojan.Agent」と表示されます。しばらく使っていると、やはり挙動がおかしくなったので再びチェックしてみるとやっぱり「Trojan.Agent」を発見。感染ルートがなかなかつかめなくて試行錯誤したのですがどうやらUSBメモリを使った後、おかしい様子。よく見るとUSBメモリを挿入したときのアイコンもおかしい。

Image

本来はリムーバブルディスクのアイコンが、フォルダの形で表示されています。USBメモリの中を確認するといつの間にかautorun.infという名前のファイルが・・・
パソコンの中のウイルスを駆除しても、USBメモリに残っていたら再び感染します。まずはUSBメモリから大事なデータをHDDへコピー。その時に間違ってもウイルス本体をコピーしないように身に覚えのないフォルダのコピーは避けましょう。もちろんautorun.infのファイルも・・・(^_^;)

一度、USBメモリを抜いてから、リムーバブルディスクの自動起動をOFFにします。
設定方法は「usb 自動再生 無効化」などのキーワードで検索するといくつかの方法があるようです。私は、XP Proなのでこちらを参考に設定しました。

USBメモリを外してPC内のウイルスを「Malwarebytes' Anti-Malware」で駆除。その後、USBメモリを挿入して初期化します。先ほどコピーしておいたデータをUSBメモリへコピーします。もう一度、「Malwarebytes' Anti-Malware」でチェックしてみてウイルスが見つからなければたぶん大丈夫だと思います。

もちろん、実行される方は自己責任でお願いします。m(_ _)m

続きを読む "USBメモリを経由してのウイルス感染"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年4月 »