玄箱復帰

修理に出していた玄箱が戻ってきました。宅配便で販売店に送ってから10日で帰ってきました。思ったよりも早いですね。
早速、Fedora7を再インストールしてみましたが、今度は大丈夫でした(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄箱 再々設定

Fedora7でサーバー化していた玄箱の容量が少ないのでおかしいなと設定をみたらパーティションの切り方を間違っていたようです。それならばと、もう一度再設定を試みたらネットワークを認識しなくなってしましました(^_^;)
Fedora7でも玄箱本来のシステムでもインストールは正常に行えるのですが再起動後、POWERランプが点滅を繰り返すだけでネットワークを認識しません。しばらく放置するとDIAGランプが点滅して電源が切れてしまします。ハードディスクをWindows PCに直接接続して初期化しても、別のハードディスクに交換しても同じ現象。どうやら玄箱の故障のようです。購入してまだ1年経っていないはずですので無償修理できれば良いのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄箱の再設定

以前玄箱で使っていたハードディスクからバックアップしておいたデータを間違って消してしまいました。幸い、玄箱にFedoraをインストールするときに別のハードディスクと取り替えたので前のハードディスクは初期化せずに残っています。何とかならないものかとIDE->USB変換ケーブルを使ってFedoraをインストールしたPCに接続してみたのですが、日本語のフォルダ名が文字化けしてコピーできません。それでもう一度玄箱に戻してみたのですが設定が変わっているので認識してくれません。再設定するにはハードディスクを初期化しないとできないようです。
では、モノは試しと、もう一つ別のハードディスクを初期化して玄箱に入れて再設定。その後、データの入ったハードディスクと入れ換えてみたところ元通りにデータを取り出すことができました(^_^)v。残念ながらFedoraの設定は消えてしまいましたので、もう一度再インストールです。

Fedoraの玄箱への再インストールは2回目なのでスムーズにできました。でもyum upgradeを実行してFedoraのアップデートをする前にrpmのデータベースのリビルドを忘れたら、やはり途中で止まってしまいました(^_^;)
もう一度手順を記録しておきます。

yumをダウンロードする。
# wget http://ftp.riken.go.jp/Linux/fedora/updates/7/ppc/yum-3.2.8-2.fc7.noarch.rpm

アップデートを反映
# rpm -Uvh yum-3.2.8-2.fc7.noarch.rpm

rpmのデータベースをリビルドする
rpm --rebuilddb

アップグレード実行
# yum upgrade

このあと、sambaをインストールします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅に玄箱導入

自宅のファイルサーバ用に玄人志向の玄箱を導入しました。元々仕事場で使っていたものです。仕事場では標準のまま使っていたのですが、せっかくなのでいろいろ遊べるようにFedoraをインストールしてみました。

玄箱へのFedoraのインストール方法については下記のサイトに御世話になりました。
できる!玄箱 Fedora化!!(F-7対応)(http://www.shinkr-webpj.jp/

インストールには上記サイトから「Fedora for 玄箱 Install Kit」をダウンロードして実行します。インストールが終了すると玄箱の電源が自動的にOFFになりますので、あらためてスイッチをONにしてください。初回立ち上げ時に、うまく起動しないことがあるようですが、その時は一度電源を抜いてから再度起動して下さい。
電源を入れるとネットワークを認識するまでしばらくかかります。その間は電源ランプがフワフワといった感じで点滅を繰り返しますので気長に待ちましょう。私も最初はハングしているのかと思って、途中で何回か電源を抜いてしまいました(^_^;)
ネットワークを認識すると電源ランプが点灯します。パソコンからSSHでログインできます。ターミナルソフトはTeraTerm(http://ttssh2.sourceforge.jp/)を使わせていただいています。

ターミナルソフトでログインできたのでまずは、sambaをインストールしようとしたのですがうまくいきません。それではと、yumでFedora7のアップデートを実行したのですがこちらもエラーになります。
いろいろとキーワードを変えて検索してみたら情報がありました。どうやらyumにバグがあるようです。

修正にはhttp://ftp.riken.go.jp/Linux/fedora/updates/7/ppc/からyum-3.2.8-2.fc7.noarch.rpmをダウンロードして実行します。
# wget http://ftp.riken.go.jp/Linux/fedora/updates/7/ppc/yum-3.2.8-2.fc7.noarch.rpm
# yum remove yum
# rpm -Uvh yum-3.2.8-2.fc7.noarch.rpm

次のコマンドでFedoraのアップデートが実行できます。
# yum upgrade

yum install でインストール中に停止してしまうことがあるようです。こちらはrpmのデータベースをリビルドすることで解決するようです。
# rpm --rebuilddb

これで環境は整いました。

玄人志向 KURO-BOX NAS組み立てキット CE 玄人志向 KURO-BOX NAS組み立てキット

販売元:玄人志向
Amazon.co.jpで詳細を確認する

玄人志向 KURO-BOX/HG NAS組み立てキット CE 玄人志向 KURO-BOX/HG NAS組み立てキット

販売元:玄人志向
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)